読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オートマティック会館

管理人 NAK山

「ひるね姫」鑑賞。

 


前々から気になってたひるね姫が公開されたので鑑賞してきました。

 

f:id:nak68k:20170322011707j:plain

 


ちなみに事前情報ナシの状態で、
以前他の映画を観た時に「予告編」を観ただけ。

 

逆に言えば、その「予告編」を観ただけで「観たい!」と思ったわけですが。

 

 

 


で、鑑賞後。

 

ヤバイ!!
コレ、完全に評価荒れるヤツだ!

 

 

一見、「君の名は。」みたいな現代ファンタジーに見せかけて、
ゴリゴリの「パシフィックリム」だったんですよ。

 

メカ・ロボ好きはアガるけど「思ってたのと違う」と眉をひそめる人も居そう。
あまりに予想外な展開で「ポルナレフ状態」。

 

 

 


面くらいはしましたが、間違いなく「男子」は好きな映画だと思う。


巨大ロボが暴れればそりゃアガりますって。

 


その、「実はパシフィックリムだった」とかを筆頭に、
どうも気になる数々のアラが散見された。

 

それを許容かスルーできれば「高評価」で、
いちいちそのアラに引っかかる人は大きく「評価を下げる」、
とても危ういバランスでフラフラしてる作品だった気がします。

 

わー、すげーもったいないなーというのが正直な感想。

 

 


キャラに影色乗せない、いわゆる「アクションに特化した画」で
動きも良かったのに。

 

イイトコ沢山有るのに、ファミリー向けとメカ好きを狙って、
どっち付かずのガチャガチャな印象。


「メカ・ロボが描きたいんだ。話は二の次だ」という偏った作品。

 

良かったシーンもたくさんあって、褒めたいんだけど、
「俺は良かったけど他人はどうだろうか」と葛藤してしまう・・・。

 

 


ここまでは、家へ帰りながらの感想。

 

 

 


帰宅して、「ひるね姫」のパンフを読み込む。

 

f:id:nak68k:20170320211146j:plain

 

 

 

監督のインタビューや、よく分からなかった設定等が理解できると、
鑑賞直後のモヤモヤが少し晴れた。

 

自分が気づかなかっただけの「深いポイント」が沢山あった。
納得できた点も多々あった。

 

そんな感じで作品の理解度を深めると、
「もう一回観たい」と思うように。

 

最初から「全てわかった上でもう一回観たい」。

 

 

こんな風に思うからには、

やっぱり自分好みの作品だったみたいです。