読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オートマティック会館

管理人 NAK山

「劇場版ゲームセンターCX」観てきました。

22日から公開されてる、「劇場版ゲームセンターCX」を鑑賞してきました。

マスターアップ休暇を利用して、平日の昼間っから映画を観る幸せたるや。

 

 

映画館入り口で課長がお出迎え。 

f:id:nak68k:20140225022153p:plain

 

 

いつもの作業着やサイン色紙やらが展示されてましたが、

コレは実際に有野課長が着たやつなのかなぁ。

f:id:nak68k:20140225022109p:plain

 

f:id:nak68k:20140225022134p:plain

 

 

そんなこんなで2時間の上映終了。

 

予告編から感じた「壮大な自主制作映画っぽい」とタカをくくって観たら

結構面白かったです。

いつもの「ゲームセンターCX」の挑戦パートと、ドラマ部分が半々ぐらい。

 

フィクションとノンフィクション、1986年と2006年が

上手くクロスフェードしてて感心した。

実際の出来事とドラマが融合されてて良かったです。

 

86年の描写が結構秀逸で、懐かしい風景にニヤリ。

全てのファミコンを愛したひとへオススメです。

 

 

残念な点を挙げるとすると、表題にもなってる「マイティボンジャック」の回は

とっくにオンエアされてるので、「クリアできたかどうか」は

古くからのファンは結果が分かってるんですよね。

 

あと、あくまで「壮大な自主制作映画のつもり」で観たら面白かったので、

相当低いハードルスタートだった事を付け加えさせてください。

 

 

それと今後劇場版ゲームセンターCX鑑賞予定の方、

スタッフロールが終わって映倫の文字が出ても立っちゃダメ。

オマケがあります。

 

 

映画観た後、今すっごくマイティボンジャックが遊び隊。

 

劇場版ゲームセンターCX怒髪天の主題歌が良かったので、

iTunesAmazonで売ってないか探したんですがまだリリースされてないご様子。

残念。

 

アニメの主題歌とかもそうだけど、「欲しい!」と思った時に買えない

もどかしさと機会損失感たるや。